こんにちは。

自分への思いやりを深め、女性であることを慈しむライフスタイルブランド「muiui」(ムイウイ)のブログへようこそ!

代表の宮田靖子です。

 

暮らしの中であふれる顔や身体用の様々な化粧品。

何で出来ているの?と成分の表記を見ると、

↓な感じでいっぱい成分が書いてあります。

聞きなれない名前ばかりでチンプンカンプン(^_^;)

ひと通り、成分をじーっと見て、植物やハーブの名前が書いてある場合には、ナチュラル系なんだ~とで思ったりする程度ですよね。

こんな風に知らない単語が並んでいると、得体が知れない感じがしますが、実は化粧品はそのほとんどが、同じ骨組みに基づいて作られているんです!

 

化粧品の骨組みは意外にシンプル

化粧品の基本は構成要素は

1.「水溶成分」

2.「油溶成分」

3.「乳化剤(水と脂を混ぜるもの)」

の3つです。

乳化剤は一般的には「界面活性剤」とも呼ばれます。

たとえば・・・

・化粧水の基本は「水溶成分」だけ

・洗顔フォームの基本は「水溶性分」+「乳化剤」

・クレンジングオイルの基本は「油溶成分」+「乳化剤」

・乳液やクリームの基本は「水溶成分」+「油溶成分」+「乳化剤」

といった感じで、組み合わせによって出来あがるアイテムが変わります。

 

そして、このようなベースの骨組みに

4.容成分、有効成分(紫外線防止、美白、抗炎症、抗老化など、その化粧品の特徴となる成分)

5.品質向上剤、品質保持剤(すべりを良くする、防腐、酸化防止など日常生活で安心して使用できる品質にするための成分)

がプラスされることで化粧品が完成します。

 

やっぱり香りも楽しみたい!

植物のエキスや油を含めて、化粧品の基材(成分)はほとんど無臭です。

香りを楽しむことが好きな方には、何も香りがしないと寂しい感じがしますよね。

化粧品の香りは、スキンケアをする時間をとても贅沢なものに演出してくれます。

お肌だけでなく、心の緊張もほぐしてくれますからね。♥。・゚♡゚

天然100%の精油(ハーブから抽出した芳香成分)を化粧品に配合すると、リラックスできることはもちろん、それぞれの精油のもつ美容の力も加わります。嬉しいですね(^-^)

 

成分決定までの裏話

muiuiのマインドフルネス乳液は、静岡県の化粧品メーカー、株式会社ケアリング・ジャパンさんに製造をお願いしました。

ケアリングさんは昭和36年創業の老舗化粧品メーカーで、2008年に化粧品受託製造業者として日本初となるEcocert(エコサート)認証を取得されています。

マインドフルネス乳液は、まだ認証は受けていませんが、今後の取得を視野にいれ、オーガニック認証取得が可能な成分を使って製造しました。

成分を決定するまでに、すんなりと行かなかった点は・・・

1.保湿乳液にも、マッサージミルクにも併用できるテクスチャーを実現させること

2.コンセプトにあった香りの調香と濃度

の二つでした。

 

テクスチャーは、具体的に

 「瑞々しさ」と「保湿力向上」は相反しがちだけれど、その両方を叶えたい!

 ケミカルな成分を使用しないで、乳液の滑りをよくしたい!

などのポイント。

ケアリングさんへの相談→提案を繰り返しながら、徐々に理想へと近づくことができました。

 

香りについても、正解のないことだけに、大いに心が揺れましたが(^_^;)、

✿どんな体調の方にも安心して使ってもらえるように、女性ホルモン様作用など身体に強い影響のある精油は使用しない。

✿自分への思いやり、自分と周りの人や社会とのつながり、精神的な成長などのメッセージを持つ植物の香りを選定する。

といった条件の中から7つの精油を選び、その配合比率を試行錯誤。。。

ここについては日本カラーアロマ協会、理事長の市川恵美子さんにサポートを頂きました。

 

色々な方のご協力を得て商品化ができたマインドフルネス乳液。

皆様のお役に立てたらとっても嬉しいです。